red orange yellow green blue pink

少しずつ変化するクリスマスの過ごし方

キリスト教徒が多い国でクリスマスを過ごしたことがある人ならお分かりでしょうが、キリスト教徒にとって、あるいはキリスト教が普及している国の人たちにとって、この日は一年で最も重要です。この時期は、誰もが信仰深くなる時期でもあり、信仰心を改めて強く持つと言われています。この大切な祭日を家族で静かに過ごし、信仰心を深めることが良いキリスト教徒としての義務だと多くの人が考えています。一方で、日本ではキリスト教文化が浸透していないこともあり、この日の意義を認識している人は多くないようです。そもそも、西暦が何を意味していることすら知らない人が多い日本では、この時期の過ごし方は大きく異なっています。漠然とキリスト教徒のお祭りと認識する人が多く、お祭りである以上賑やかに過ごそうと考えたのが高度成長期の日本人でした。景気が良かったあの頃、サラリーマンたちが繁華街に繰り出して、三角帽をかぶり、クラッカーを打ち鳴らすという光景がよく見られました。バブル景気のころからは、恋人の祭典としてのイメージが高まりました。高級ホテルでの特別ディナーや高価なプレゼントがこの時期の定番になり、何か月も前から予約するのが当たり前という時期もありました。そして現在、ようやく静かにクリスマスを過ごせる雰囲気が日本にも生まれてきたようです。宗教的な意義はともかく、大切な家族や友人、恋人たちの存在を改めて静かに考える日にするのもいいかもしれません。毎日一緒に暮らしている家族にもちょっとしたプレゼントを贈るために、アルバイトを始めてみるのも良いかもしれません。高価なものではなく、相手の身になって心のこもったプレゼントを選んでみてはいかがでしょう。クリスマスの前にちょっとだけアルバイトを頑張って、大切な人たちに日頃の感謝の気持ちを伝えるという習慣は、この先も大切にしていきたいものですね。